コンテンツへ

代表プロフィール

梶川貴子(かじかわ たかこ)
株式会社ウェルネス・アリーナ
代表取締役社長
株式会社ウェルネス・アリーナ
代表取締役社長
内閣府官房委嘱 地域再生伝道師(2007年~現在)
宮崎県中長期ビジョン策定委員会、
雇用再生委員会、観光審議会、
宮崎ブランド策定委員
(2003年~2010年)
INSEAD Advanced Management Program MSIB
津田塾大学学芸学部英文学科卒
梶川貴子(かじかわ たかこ)

撮影:佐藤希以寿

【経歴概略】

ボストン・コンサルティング・グループで国内外の戦略立案に従事し、日本コカ・コーラでブランドマネジャーとして爽健美茶の立ち上げ、ジョージア、コカ・コーラなどを担当。爽健美茶の開発をきっかけに、ハーブや有機野菜などに興味を持ち、海外のスパ施設を訪れ、アロマセラピー・ボディワーク・ナチュラルキュイジーヌ・スパセミナーなどのワークショップへの参加を重ねる。

2001年よりウィンザーホテルズインターナショナルマーケテイング担当取締役として、ウィンザーホテル洞爺の再生プロジェクトに参画。集客戦略の遂行と並行し、日本初となるホテルスパの立ち上げを行う。

2003年よりリップルウッド・ロッジング上級副社長として、フェニックス・シーガイア・リゾートの再生プロジェクトに参画。ゴルフ施設、ホテル施設、スパ温浴・施設を含む開発プロジェクトおよび広告・PR、地元コミュニティとの連携強化全般を担当する。
ダンロップフェニックストーナメントの再活性化、世界的スパチェーンであるバンヤンツリーを日本初出店として誘致し、長期滞在化・ターゲットの多様化につなげる。

2006年、ウェルネス・アリーナを設立し、ホテルスパを中心とした人材教育、コンサルティング事業を開始。2007年よりスパ運営事業を開始。トリートメント、スパキュイジーヌ、運動の3つを連動させたホリスティックプログラムを特徴としている。
オリジナル商品の開発として、スパセラピスト用ユニフォーム(住商モンブラン)、軽井沢、安曇野、久米島、大分などの地元産物を活用したAll that SPAを展開中。

【コンサルティング実績】
  • ・プリンスホテルスパ温浴施設開発プロジェクト
  • ・軽井沢プリンスホテル
    スパザフォレストプリンス(長野・軽井沢)
  • ・グランドプリンスホテル広島 スパザブループリンス  
  • ・東急オアシスオアシスラフィール 開業プロジェクト
    (東京・恵比寿)
  • ・オアシスラフィール スパコクーン(東京・恵比寿)
  • ・レーサムゴルフリゾート スパグリーン(群馬・安中榛名)
  • ・ルイガンズ
    スパおよびホテルマーケティングプロジェクト
    (福岡・海の中道)
【その他】
  • ・日本ホテル協会
    セミナー講師(スパ運営、マーケティング)
  • ・週刊ダイヤモント連載 働く人のウェルネス
  • ・グロービスマネジメントスクール
    マーケティング非常勤講師
  • ・内閣府、国土交通省 国公立大学
    地域再生に関する勉強会 講師

Takako Kajikawa

Wellness Arena Corporation CEO
Regional regeneration evangelist delegated by the secretary of the Cabinet Office
(2007 ~ present day)
Miyazaki prefecture medium and long term vision planning committee, employment regeneration committee, Tourism council, Miyazaki brand development member (2003 ~ 2010)
INSEAD Advanced Management Program MSIB
Graduated from Tsuda College, Faculty of Liberal Arts, Department of English
Biographical information

Worked on planning internal and external strategies at Boston Consulting Group, and was involved in the launch of “Sokenbi-cha” as a brand manager and took charge of “Georgia”, “Coca-Cola” at Coca-Cola Japan. Began to develop an interest in herbs and organic vegetables during the development of “Sokenbi-cha. Visiting spa facilities overseas and repeatedly participated in workshops including aroma therapy, body work, natural cuisine and spa seminars.

From 2001, participated in the Windsor Hotel TOYA regeneration project as senior vice-president in charge of Windsor Hotels International marketing. Launched the first hotel spa in Japan as part of the implementation of the strategy to attract high-end group customers.

From 2003, participated in the Phoenix Seagaia Resort regeneration project as the executive vice president of Ripplewood Lodging. Took charge of development projects including golf facilities, hotel facilities, spa bathing/facilities, advertising and PR, and enhancement of collaboration with local communities in general.
 Worked on re-activation of the Dunlop Phoenix tournament and invited Banyan Tree, the international spa chain to open their first shop in Japan in order to promote extended-stays and diversification of the target clientele.

In 2006, established the Wellness Arena and started a human resource training and consulting business focusing on hotel spas. From 2007 started a spa management business. The characteristic feature of their business is a holistic program in which treatment, spa cuisine and exercise are interlocked.
 Developed a spa therapist uniform (Sumisho Mont Blanc) as an original product, and is now working on development of “All that SPA” where local products from Karuizawa, Azumino, Kumejima, Oita, etc. are utilized.

Consulting Results
  • ・Prince Hotel Spa facility development Project
  • ・Karuizawa Prince Hotel
    SPA THE FOREST PRINCE
  • ・Grand Prince Hotel Hiroshima
    SPA THE BLUE PRINCE
  • ・Tokyu OASIS RAFEEL Development Project
  • ・Oasis RAFEEL SPA Cocoon
  • ・RAYSUM Golf resort Spa Green
  • ・Luigans SPA and Hotel marketing Project